遊子川小学校児童が特産品加工施設を見学

11月21日、遊子川小学校児童(3・4年生)3名が特産品加工施設の見学に来ていただきました。
食堂ゆすかわで、遊子川もりあげ隊の特産品開発への取り組みをお話しした後、特産品加工場に入り、トマトケチャップ作りの作業の手順を紹介。実際にトマトケチャップづくりの一部作業を行っていただきました。
子どもたちは大きな機械で加工されていくトマトを興味深そうに観察したり、トマト加工作業を真剣に取り組んでいました。
また、本日はテレビ愛媛さんの取材も偶然重なり、カメラを前に少し照れながらもインタビューに応えたりしていました。
遊子川特産品加工班のメンバーの生き生きとした活動を見学していただいたことで、子どもたちも地域の活性化に興味をもっていただくとともに、これからも地域に誇りをもって育っていってくれたらいいなあと感じました。

最初に、なぜ特産品加工をしているの?特産品加工のためにどんなことをしているの?などのお話を聞いていただきました。
IMG_1759
トマト加工作業のお手伝いもしていただきました。頑張ってトマトを切っています。
20141121161907147

テレビカメラの前で少し緊張気味です。
20141121161907267