第27回遊子川地区社会教育セミナー「夢かけるフォーラム遊子川2017」開催!

平成29年3月12日、第27回遊子川地区社会教育セミナー「夢かけるフォーラム遊子川2017」が開催されました。地域住民とともに地域の課題を認識し、課題解決に向けて考えるこのセミナーも今回で27回目を迎え、「平成28年度ふるさとづくり大賞」「第69回全国優良公民館表彰最優秀館」を受賞した取り組みのきっかけとなった事業です。

今年度は、少子高齢化・過疎に悩まされる地域が、ただ現状を嘆き悲観するのではなく、毎日を明るく笑って過ごせるにはどうすればよいか ということを考えるため「笑って健康 笑顔で活き活きと暮らすには」をテーマに開催しました。

講師には、土佐の寅さんこと、高知県四万十市の日本笑い学会 間 六口さん(はざま むくち)に「笑って長生き ~生き活き人生」という演題で講演を行っていただきました。フォーラム2017

笑いを交えた講演に参加者は大爆笑の渦に包まれました。笑いにはストレス発散の他にも、血圧を下げる、免疫力アップなどの薬にも似た効果があり、しかも副作用がないことから「笑いは健康の常備薬」と話されました。そして、笑いたくても笑えない理由に、希薄になった家族の絆、地域社会の減衰などをあげられ、毎日を笑って過ごすには、一緒に笑える友人「ホッとライン」が必要であることを教えていただきました。

講演の最後にはお楽しみコーナーとして爆笑「バナナのたたき売り」を披露され、笑いの止まらない半日となりました。

遊子川公民館も今回の講演を参考にし、住民の皆様の「ホッとライン」になれる公民館を目指したいと思います。バナナのたたき売り