雨包山、春満喫ツアー参加者募集について

4月29日(土)祝日、恒例の雨包山、春満喫ツアーを開催します。
愛媛県環境マイスターの水本孝志さんによる雨包山の動植物を見ながらの自然観察会。
タラの芽やウド、コシアブラなどの山菜を採取し、その場で山菜料理に挑戦!
また、企業組合遊子川ザ・リコピンズの協力で山菜ピザづくり体験も行われます。
標高1,111mの雨包山で遊子川の遅い春を、お腹いっぱい満喫しませんか。          詳しくは添付のチラシをご覧ください。自然観察会の様子 山菜ピザ体験

 

【申込締切日】 4月21日(金) ※定員になり次第締め切ります。
【申込み先】  遊子川公民館 TEL0894-85-0111 FAX0894-85-0355             雨包山 春満喫ツアーチラシ

ホテル ザ・マンハッタン出張レストラン in 遊子川

7月12日、遊子川もりあげ隊では、千葉県幕張にあるホテル ザ・マンハッタンの田中敬也総料理長を招いて「出張レストラン in 遊子川」を開催しました。
田中総料理長たちは、慣れない調理場環境にも拘わらず、色とりどりの素晴らしい料理を次から次へと作り上げ、まるで魔法を見ているようでした。
遊子川トマトを中心に、西予市の海の幸、山の幸の食材をふんだんに使った料理の数々が会場のセンターテーブルに並び、ご来店いただいた40名のお客さまも一流ホテルのディナーを楽しんでいました。

IMG_6729 IMG_6739 IMG_6774 IMG_6823 IMG_6834 IMG_6858

 

ホテル ザ・マンハッタン出張レストランin遊子川!

遊子川地域活性化プロジェクトチームでは

千葉県幕張にある「ホテル ザ・マンハッタン」の総料理長 田中敬也シェフをお招きして

出張レストランを開催します。

遊子川の美味しいトマトやハーブ媛ひらめなどのジオの恵みが、田中シェフの魔法によって

どのような絶品ディナーになるのか?今から楽しみです。

もちろん遊子川ザ・リコピンズもお手伝いしますよ♪

当日は田中シェフから地域農産物の魅力などをお話していただき、交流会も行う予定です。

誠に申し訳ありませんが定員40名の先着順となりますのでお早めにお申し込みをお願いします。

日 時     平成28年7月12日(火) 18:00 OPEN!

場 所     遊子川公民館

参加費     4,000円

お申込み方法  直接お電話いただくか必要事項を記入のうえ、メールまたはFAXでお願いします。詳しくは広告の裏面をご参照ください。出張レストラン遊子川 出張レストランゆすかわ裏面

ほたるの郷 遊子川

もりあげ隊では、ほたるの郷の幟立てを行いました。

これから1~2週間の間、野井川のほとりでほたるの乱舞が見られます。

息をのむほど美しいほたるの舞を鑑賞しにぜひ遊子川に訪れてみてください。ほたるの郷

雨包山、春満喫ツアーを開催しました。

4月29日(金)、ゴールデンウィークの初日。「雨包山、春満喫ツアー」イベントを開催しました。
今年で第6回目となるこのイベントは、遊子川の自慢の山、標高1,111mの雨包山で開催している人気のイベントで、年々参加申込者が増え今回は、遊子川もりあげ隊のスタッフを含めて総勢75人が参加されました。
今回も愛媛県環境マイスターの水本孝志先生(八幡浜市)による雨包山の希少植物や動物、昆虫などの自然観察会が行われ、参加者たちは水本先生から自生する植物の話を聞きながら山頂付近に向かいました。自然観察と同時に春の恵みのタラの芽やヨモギ、ウド、コシアブラなどの山菜料理の食材を少しだけ山からいただき採取しました。
山からいただいた山菜は、参加者たちで天ぷら、山菜ごはん、和え物などの山菜料理に、また、遊子川ザ・リコピンズの指導で山菜ピザづくり体験を行い、生地を伸ばしたり山菜をトッピングして窯で焼き、参加者たちは焼きたてのピザに舌鼓を打っていました。
最後に全員で記念撮影をし、雨包山の自然と春の味を十分に満喫した1日となりました。IMG_6106 IMG_6125 IMG_6153

雨包山、春満喫ツアー開催のお知らせ

H28雨包山春満喫ツアー

4月29日(金)祝日、恒例の雨包山、春満喫ツアーを開催します。
愛媛県環境マイスターの水本孝志さんによる雨包山の動植物を見ながらの自然観察会。
タラの芽やウド、コシアブラなどの山菜を採取し、参加者全員で山菜料理に挑戦!
また、遊子川ザ・リコピンズの協力で山菜ピザづくり体験も行われます。
標高1,111mの雨包山で遊子川の遅い春を、お腹いっぱい満喫しませんか。

【申込締切日】 4月22日(金)
【申込み先】  遊子川公民館 TEL08945-85-0111 FAX0894-85-0355

茶堂と茶堂文化に学ぶ講演のつどい

3月22日、遊子川公民館で「茶堂と茶堂文化に学ぶつどい」を開催しました。
遊子川地区内には10棟の茶堂があります。その内、地区内で唯一の茅葺屋根の茶堂は、映画「食堂ゆすかわ」にも登場した下遊子茶堂で、先日20年ぶりに茅の葺替えが行われました。
そこで、茶堂の文化を学ぶことで、地域を考える機会づくりになればと開催しました。
最初に、西予市文化体育振興課の沖村さんから市内の茶堂の現状についてお話があった後、県歴博の専門学芸員の大本敬久先生から「茶堂の歴史と民俗について」と題してご公園をいただきました。
その後、西予市文化財保護審議会第1部会長で遊子川地域ガイド講座でもお馴染みの岡崎直司先生がコーディネーター役として、大本先生、茅葺き職人の川上義範氏、下遊子区長の勇眞喜男さんらによる茶堂談義が行われました。
茶堂は重要な文化財であり、地域の資源であります。これからも大切に守り続けていかなければならないと感じました。
なお、しばらくの間、遊子川公民館1階ロビーにて西予市内の茅葺き茶堂のパネル展を開催していますのでぜひご覧ください。

茶堂談義の様子
IMG_5694

茅葺き茶堂のパネル展
IMG_8541