ユスモク(遊子川木工)

yusumoku_yakiin

ユスモク(遊子川木工)は環境部の特産品開発の一環で行われている地域木材有効活用事業の名称です。近年、林業を取り巻く環境は厳しいものがありますが、豊かな森林をあえて地域資源と捉え、地域活性化へと繋げていくための活動を展開していきます。2012年秋、使われなくなった遊子川保育所を木工所に整備して活動拠点とし、木工品の制作や木工教室の開催をスタートしました。制作した木工品を販売することで森林資源に価値があることを再認識すると同時に継続的な活動としていくための資金獲得を目指し、木工教室を開催することで、木工文化を地域に根付かせていくことを目指します。

木工所全景
yusumoku_facade

作業室
yusumoku_workingroom

トマト勉強会

もりあげ隊環境部では地域資源を活かした特産品開発を計画しております。
遊子川のトマト農家さんから規格外のトマトを活用したいとの声を受けて、まずはトマトを遊子川の地域資源として特産品開発に取り組むことにしました。まずはトマト農家さんを含む婦人学級から興味のあるメンバーを募り、トマトを加工した商品を開発していく予定です。

まずはトマト加工商品の現状がどのようになっているかを学ぶべく、久万高原町へ視察に行ってきました。

午前中は久万高原農業指導班におじゃまして、おいしいトマトの作り方について勉強させていただきました。午後からは株式会社FFTさんの加工場を見学させていただきました。この加工場ではトマトジュースを中心としてトマトのスナックやソースなどを作っており、規模的にも遊子川でやろうとしているものに近く、参加者からは熱心に担当者への質問も出て、今後の活動についておおいに参考になったのではないでしょうか。

遊子川地区デマンド乗合タクシー運行説明会

昨年度より遊子川地区デマンドタクシー検討委員会及び公共交通検討委員会が中心となって進めてまいりました新交通システムの構築について意向調査及び運行内容の検討を重ね、この度10月1日より遊子川地区デマンド乗合タクシーを運行する運びとなりました。
9月10日にこの遊子川地区デマンド乗合タクシーの説明会を遊子川公民館にて開催しました。西予市企画調整課より遊子川地区デマンド乗合タクシー運行の概要及び利用方法について一通りの説明がされた後、住民からの質疑応答が行われました。
当日は60名もの住民が集まり、新交通システムについて活発な質問が飛び交い、想像以上に新しいデマンド乗合タクシーについて関心があるのが伺えました。

また、当日はこの新しいデマンド乗合タクシーを地域が利用しやすいようなニックネームを参加者一同で検討し、「やまなみ」という名称に決定しました。

「やまなみ」は10月1日から運行開始となります。
10月1日に開通セレモニーを開催予定なのでふるってご参加ください。

 

高齢者訪問

7月6日、遊子川地区の高齢者訪問を行いました。

対象者へはなんの事前連絡もなく、突然の訪問。

「いつも気にかけてもらって、ありがとうございます」
「ウトウトしていた。誰が来てもらったのかと思えば・・」
「暑い夏がまもなくやってきます。体には気をつけて下さいよ」

...などと話が弾みました。

高齢にもかかわらず草刈の準備をされている方や、
農作業の後に休憩されている方など、
元気なにされている方が居られる一方、体調が悪くて、入院されている方や、
デイサービスを受けるために出かけて不在の方もおられました。

訪問活動の後は参加者で反省会。

「次回は手作りのお土産を持参しよう」
「年内に、もう一度計画しよう」
「次回も80歳以上の高齢者夫婦と独居者を対象にしよう」

...等の意見が出されました。

訪問を行ったのは、地域で高齢者にかかわるボランティア活動に取り組んでいる次の団体の方々。

・遊子川もりあげ隊福祉部
・民生・児童委員
・女性塾
・たむたむ(配食サービスグループ)
・たんぽぽの会
・駐在所連絡協議会
・遊子川公民館

「思い出の写真館」写真募集中!

今年も遊子川地区盆踊り大会で写真展「思い出の写真館」を実施します!
今回は会場にて展示する写真を公募いたします。
在りし日の遊子川の魅力をアピールする素敵な写真をお待ちしています!

【募集要項】
遊子川の風景、行事を紹介する写真を遊子川公民館まで提出してください。
募集期間:2012年7月1日〜8月3日(一人何点でも応募可)
提出媒体:紙・データいずれの形式でも可
(ただし、できるだけ大きなサイズでお願いします。)
※サイズが小さいと、画像が粗くなるため採用できない場合があります
写真の採択はもりあげ隊で協議して決定いたします。

 

 

防災訓練

地域振興部主導で防災訓練を実施しました。

もりあげ隊の他に自主防災会、女性防火クラブ、消防団など、
地域の防災組織と共催し、地域ぐるみでの活動とすることで、
地域における防災意識を高めるのが目的です。

地域の人が集まりやすいよう遊子川小学校での奉仕作業後の実施としました。
西予市消防署より消防士に方々に来てもらい、
三角巾の扱い方、消火器の操作、竹を使った簡易担架の作成などを
指導していただきました。

また、地元の消防団の小型ポンプ操法の模範演技が披露され、
地元の消防団のアピールも行いました。

女性防火クラブでは炊き出し訓練を行い、参加者でおにぎりを自分で握ったり、
非常食の試食会なども行いました。

また、非常時用バッテリー防災ラジオなどの防災グッズの展示もおこないました。

はじめて試みながらおよそ120名もの参加者が集まり、
有意義な訓練になったのではないかと思われます。
今後も継続して実施していけるよう、地域振興部で検討していく予定です。

上川神仏講(4月ごろ)

場所:上川集会所

(2012年4月15日)

国選択無形民俗文化財の地区行事です。
上川には昔からたくさんのお講があります。
神仏講の日は、早朝から集会所に集まり、おつとめを始めます。
一同正座、懺悔文、般若心経、座り念仏、御詠歌お大師さま、お地蔵さま、お庚申さま、お先祖さまを拝み、最後にお伊勢踊りで地区の平安を祈り、厄年の人の厄除けを祈願してお講を終わります。

桜(4月ごろ)


【小狭公園(2012年4月)】

山深い遊子川地区でもあちこちにサクラが植えられており花見を楽しむことができます。

桜の景色の良い場所情報などあれば、お知らせください!

 

棚田

遊子川は峡谷地形の地域です。
いたる所に美しい棚田が見られます。

 

雨包山で新緑を食べよう!

環境部で雨包山の新緑を楽しむイベントを開催しました。
簡単にいえば、「遊子川が誇る霊峰、雨包山へ行って旬の山菜を食そう!」というもの。

環境マイスター、水本孝志先生を招いて、
雨包山の自然生態を学びながら、新緑を満喫しました。
はじめてのイベントでいろいろ模索しながらの企画でしたが、
参加者一同、晴天の下、旬の山菜を堪能しました。